中岡慎太郎とは?

  • 中岡慎太郎の生涯
  • 人物相関図

トップページ

中岡慎太郎

慎太郎の生涯

「誕生・武市半平太との出会い」

中岡慎太郎は天保9年(1838)、現在の安芸郡北川村に大庄屋の息子として誕生した。
幼い時から勉学にはげみ、めきめきと力をつけていく。そして安政2年(1855)慎太郎は田野学館で武市半平太と出会い政治活動にめざめる。だが父が病に倒れたという知らせを受け、家業の大庄屋職をつぐ。

「民なくしては君や国はない」

村に戻った慎太郎は、村人たちが安心して暮らせてこそ国が成り立つという意識を常に持っていた。
水田がすくない村の飢饉対策としてゆずの栽培をすすめたのもこの時期といわれている。

「土佐勤王党に加盟~脱藩」

文久元年(1861)、武市半平太は尊王攘夷運動を目的とする「土佐勤王党」を結成した。
慎太郎も坂本龍馬もこれに加盟する。しかし2年後の文久3年8月18日に起こった政変で事態は一変、各地で尊王攘夷派の弾圧が始まる。身の危険を察した慎太郎は脱藩を決意する。

「薩長連合を結ぶ」

脱藩した慎太郎は長州藩のもとで様々な活躍をする。
そして当時対立していた長州藩と薩摩藩の連合こそ新しい国づくりを進展できると確信した。時を同じくして同じ考えを持っていた龍馬と組み、薩長両藩の代表者を説得、慶応2年(1866)、ついに薩長連合を成立させた。

「陸援隊結成、無念の死」

慶応3年(1867)、龍馬は海援隊を慎太郎は陸援隊(謀報機関・軍隊)を結成した。
徳川幕府を倒して新しい国家を築く目前に、京都近江屋で龍馬と会談中刺客に襲われ、わずか30歳でその生涯を閉じた。

人物相関図

ヘッダー

ページの先頭へ